何人育てても何年経ってもむずかしい育児について

赤ん坊が最初才になると婦人も最初才、赤ん坊が十才になると婦人も十才とゆう風になりますが、そんなことは乏しいなぁと思います。
赤ん坊は1ヶ月お天道様を重ねて大きくなり、体調も考え方や言葉色々な要所で大きくなります。
でも婦人はそのたびにまた考え、悩んだり喜んだりと赤ん坊が激しくなるたびにまた一から学ぶのかなぁと思います。
赤ん坊が最初才になり、ヨチヨチ駆けだし顔付きも目立ち喜び、二才ぐらいになるとイヤイヤ期に入り、悩んだり怒ったり決める。
小学校になる頃には少しアームが離れ、少し侘しい気分になり、の間学に加わる頃には反対期で、また悩んだり、怒ったりやりきれない気分になります。
そうゆう繰り返しがあり、赤ん坊のことを初めて分かる部分があると思います。
喜んだり、怒ったり悲しいバイタリティになったり、寂しいバイタリティを繰り返しながら、婦人はやっと最初才に生まれ変われるんじゃないかなぁと思います。
何年経っても、養育は辛くてたまに安心があり、だから苦しくてもいっぱいの婦人が頑張っているんだろうなぁと思います。
そして、何年経っても可情愛くて、次は如何なるバイタリティにさせてもらえるのだろうとパルスさせてくれて、掴みどころの無い赤ん坊だから辛くても、悩んでも、最初人になった一瞬わめきたい気持ちになっても頼れると思います。コドミンって効果ある?